丸商Home 〉廃棄物&リサイクルTOPICS 〉電池の現在の水銀使用状況

廃棄物&リサイクルTOPICS
法改正2017.12.04

電池の現在の水銀使用状況

本年10月1日施行の「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」により「水銀使用製品産業廃棄物」が新しく規定されたのはご承知の通りです。
その水銀使用製品の1番目に「一次電池」(アルカリボタン電池、水銀電池、空気亜鉛電池、酸化銀電池、マンガン電池、アルカリ電池に限る。)2番目に「標準電池」が規定されています。





現在電池類の水銀使用状況や製品の表示などについて一般社団法人電池工業会が「ボタン電池の適正分別・排出の確保のための表示等、情報提供に関するガイドライン」を作成しています。
主な部分を抜粋します。





このガイドラインから補聴器に使われている空気亜鉛電池のみが水銀使用が続いていき、それ以外は順次無水銀化が進んでいくようですが、ボタン電池の完全無水銀化は難しそうなので、今後注意が必要です。
無水銀かどうかは購入時に製品のパッケージで確認できます。


(BAJとは「一般社団法人電池工業会」のこと)



詳しくはこちらから
「水銀廃棄物ガイドライン」P62、P63
https://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/h2906_guide1.pdf

「ボタン電池の適正分別・排出の確保のための表示等情報提供に関するガイドライン」
http://www.botankaishu.jp/pdf/guideline_v2_201708r2.pdf


以上 環境省「廃棄物処理法施行令等の改正に関するQ&A」より抜粋
http://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/H2909_qa1.pdf

今週のご報告は以上です。


--------------------

三重県・桑名・四日市・鈴鹿・津・亀山地区
廃掃法改正/産業廃棄物の収集運搬/有価物への企画開発
産業廃棄物処理に関することお気軽にご相談ください。

株式会社丸商
〒510-0829 三重県四日市市城西町13-28 第二大誠ビル3階
TEL. 059-358-7800 FAX. 059-358-7801

記事一覧へ戻る