廃油排出事業者の課題解決事例集

コラム

COLUMN

廃油排出事業者の課題解決事例集

廃油事業者が抱える課題とは

排出事業者の抱える課題として、「処理費が年々値上げされて利益を圧迫している。」「1社に任せきりだった為、急に処理先が受入れを断ってきて処理できずに溜まっている。」「処理難物を受け入れてくれる先が見つからない。」など様々な課題があります。

廃油の処理費用を抑える方法とは

処理費を抑えるには、既存処理先の費用が相場より高いかどうかといった基本的なことも考えられます。業者に見積りを依頼する際に、「どのような廃棄物がでるのか」具体的な情報をより詳しく伝えて保険をかけられた見積りをもらわないようにしましょう。

廃油は有価物化できるのか、その方法とは

廃棄物の有価物化されるポイントとして、他の産業で原料などに使用される成分が含まれるかどうかが挙げられます。廃油であれば、特に再生燃料として取引される場合が多いです。

課題解決事例~製造業 A社

【顧客の課題】

処理費が売上利益を圧迫している。会社の方針としてゼロエミッションを目指しており、廃棄物を削減したい。

【提案した解決方法と丸商の業務範囲】

廃油に含まれるカロリーを用いた燃料とする燃料化として有価物の提案を行った。また、配車手配や現地立会いも行い、運用面でのサポートも行いました。

【結果】

年間数十万円かかっていた処理費を0として、有価物としての還元を利益に充てることができた。廃棄物ではなく有価物とすることで、会社全体で排出される廃棄物の量も削減につながった。

丸商の料金体系について

当社ではヒアリングから調査・お見積り提示まで費用をいただいておりません。お見積りを提示後、正式にご依頼いただき運用となってはじめて費用をご請求する成果報酬型です。

まずはお見積りだけでもといったご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

丸商の「一元管理サービス」へのお問い合わせ、見積もり依頼はこちらから

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP