丸商Home 〉廃棄物&リサイクルTOPICS 〉『有害使用済機器の指定』の経過報告

廃棄物&リサイクルTOPICS
法改正2017.10.23

『有害使用済機器の指定』の経過報告

「廃掃法改正のポイント②」でご紹介した通り、「有害使用済機器」が新たに廃棄物処理法で規制されます。
またの「有害使用済機器の指定①」で「家電4品目」「小型家電28品目」を全て有害使用済機器に指定するという経過報告をさせていただきました。
その後、10月2日に2回目の技術検討会が開催され、「有害使用済機器」の指定についての新たな検討経過が報告されています。
以下は関係資料の抜粋です。









今回の検討会では新たに業務用機器をどの程度まで指定するかということが議論されているようです。
この有害使用済機器に関してはバーゼル法の改正とも密接に関連しているので、社会の実情に応じた機敏な対応ができるような仕組みになる可能性があります。
なお、技術検討会は3回開催の予定で、次回の開催で有害使用済機器の指定や保管の規定などの具体案が取りまとめられ、年内にガイドラインが公表される予定になっています。

今回のご報告は以上です。

--------------------

三重県・桑名・四日市・鈴鹿・津・亀山地区
廃掃法改正/産業廃棄物の収集運搬/有価物への企画開発
産業廃棄物処理に関することお気軽にご相談ください。

株式会社丸商
〒510-0829 三重県四日市市城西町13-28 第二大誠ビル3階
TEL. 059-358-7800 FAX. 059-358-7801

記事一覧へ戻る