廃棄物処理のコスト削減

コスト削減

COST REDUCATION

廃棄物処理お悩み
ではありませんか?

  • 廃棄物処理にかかる費用を抑えたい
  • 廃棄物を処理するだけでなく有価物化したい
  • 既存の処理方法以外で処理できないか知りたい。
  • 今の排出形態以外の搬出方法を探している。
  • 今の分別方法以外で処理する方法を提案してほしい。

コスト削減の問題点

各コスト面で費用削減できないか丸商がサポートしてご提案いたします。

CASE01

業者を探す時間がない

廃棄物担当の方が業務中の時間を割いて業者を調べる時間を丸商が代行することにより、業務負担を軽減できます。

CASE02

適正価格かわからない

相見積もりをとっても価格がまばら。どれが適正価格がわからない。そんな悩みを専門的な目線で確認し、適正価格を見極めご提案します。

CASE03

不法投棄の危険性

不適切な処理がされていないか心配といった声があります。丸商では処理場を訪問し、適切に処理されているか確認します。

丸商が確実に成果を出す
ご提案をいたします。

01廃棄物処理マッチングサービス

丸商は日本全国に広がる収集運搬業者や処理業者のネットワークを構築しており、
廃棄物処理に関する多種多様なお困りごとを解決します。お客様とのヒアリングを経て、ニーズや課題を洗い出し、委託先業者の選定の他、価格交渉や現地での収集運搬・処理方法の確認を行ったうえで、最適な処理方法をご提案します。

02廃棄物の有価物化

産業廃棄物の中にはリサイクルできるものも少なくありません。有価物の可能性を探り、最適な処理ルートを検討して参ります。

CASE STUDY

事例紹介

丸商がご提案させていただいたコスト削減の事例をご紹介します。

CASE01

IBCコンテナの廃棄処理

業種
化学製品工業
品目
廃プラスチック

【問題】容器に引火性廃油が付着しているIBCコンテナを廃棄処理できる施設が近隣で見つからず、遠方の処理場へ依頼しているためコストがかかる。
年間処理費約960万円を削減したい。

【改善】丸商のネットワークを用いて処理場を見直し、遠方まで地域を伸ばさずに適切処理できる施設を選定しご提案。年間処理費約720万円(削減率約25%)まで削減を実現した。

CASE02

大型機械類の処理

業種
機械卸売業
品目
廃プラスチック類 金属くず、廃油

【課題】超大型の機械類300tを処理したい。機械には廃プラスチック類が付着・燃料が入っているものなど状態は様々で、既存業者では費用が年間約750万円かかっている。コストを削減したい。

【改善】300t処理できる処理場、車両をよく検討し低床トレーラーを数十台手配してご提案。処理費を年間約550万円(削減率約27%)にまで削減できた。

CASE03

ショットブラスト処理

業種
ドラム缶再生業
品目
汚泥

【課題】塗料を剥がす際に使用する大量のショットブラスト処理コストが年間約350万円かかっている。これを少しでも削減したい。

【改善】処理方法や一度の運搬量を見直し最適化を図り、処理費を年間約325万円に削減。(削減率約7%)を実現した。

FLOW

コンサルティングの流れ

お客様にとって最適な廃棄物のコスト削減をご提案します。

1

ヒアリング

電話・メール等で事前に廃棄物情報をお伺いし、現地へ詳細確認にご訪問します。

2

企画・提案

お客様の要望に沿った内容で解決策を検討。
お見積りが出来次第、ご提案・ご説明にお伺いします。

3

実行

ご提案に問題がなければ、ご契約書を作成いたします。

4

検証

契約締結後に廃棄物の搬出日をお伺いし、スケジュールを組み、当日搬出・処理します。

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP