法令遵守(コンプライアンス)

法令遵守

REGAL COMPLIANCE

法令遵守(コンプライアンス)の管理
お悩みではありませんか?

  • 地域によって廃棄物処理に関する法令が
    違うので対応するのが大変
  • 工場ごとに異なる処理業者を管理してほしい

法令遵守の問題点

社内、および処理業者の廃棄物処理における法令遵守の問題点をご紹介します。

CASE01

地域ごとに異なるルールの
把握とルート構築が難しい

地域によって法律や条例が異なるため、複数のエリアで工場を運営されている場合、処理方法や処理業者を管理することが難しい。

CASE02

委託業者に任せっきりになり
リスクに対する意識が薄い

複数の工場を運営されている場合、遠隔地にある委託先の処理業者が法令を遵守した処理を行っているか確認するのが難しく、リスクに対する意識が希薄になる。

CASE03

担当者も教育や監視に
時間と手間がかかる

処理担当者ごとに知識や経験のレベルが異なるため、担当者の育成と管理が課題になる。

丸商が確実に成果を出す
ご提案をいたします。

01処理ルートの最適化

日本全国の各自治体の法令を調査し、地域ごとに最適な廃棄物処理方法と処理業者をご提案します。丸商では、必ず現地へ赴き、法令を遵守した処理を行い、信頼できる処理業者かどうかを確認します。

02廃棄物処理管理体制

法令に則った廃棄物処理を行なっているかどうか定期的にチェックし、レポートを作成します。違反の恐れがある場合は処理方法や処理業者についてご提案します。廃棄物ごとに適切な方法で処理できるよう管理・サポートします。

03担当者研修制度

法改正によって影響の出る(または改正されると予想する)廃棄物やそれに関連して必要になる手続きなど、これから順応しなければならない対応をサポートします。

CASE STUDY

事例紹介

丸商がご提案させていただいた法令遵守の事例をご紹介します。

CASE01

廃棄物の取り扱いと処理

業種
学校法人
品目
一般廃棄物

【問題】自社で処分している廃棄物が産業廃棄物と一般廃棄物のどちらに該当するのか正しい見解を知りたい。
また、その廃棄物の適切処理を依頼したい。
       
【改善】法解釈に沿った内容で、適切な処理方法をご提案しました。

CASE02

超特殊精密機器の廃棄処理

業種
航空事業
品目
金属くず

【課題】機密性の高い精密機器を廃棄したい。
また、法律や処理に関する証明資料の発行等の条件をクリアした上で適切に処理したい。

【解決】大半の条件をクリアし、一部の対応できなかった条件には代理の提案を行い、ご了承いただいた上で実行。
法律に基づいた適切な処理を行いました。

FLOW

コンサルティングの流れ

お客様にとって最適な廃棄物処理における法令遵守についてコンサルティングいたします。

1

ヒアリング

電話・メール等で事前に廃棄物情報をお伺いし、現地へ詳細確認にご訪問します。

2

企画・提案

お客様の要望に沿った内容で解決策を検討。
お見積りが出来次第、ご提案・ご説明にお伺いします。

3

実行

ご提案に問題がなければ、ご契約書を作成いたします。

4

検証

契約締結後に廃棄物の搬出日をお伺いし、スケジュールを組み、当日搬出・処理します。

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP