環境負荷低減(ゼロ・エミッション)

環境負荷低減

RECYCLING

リサイクル(環境負荷低減)
お悩みではありませんか?

  • ゼロ・エミッションに取り組んでいるので、
    廃棄物の排出量を削減したい。
  • 廃棄物がリサイクルできる業者が見つからない
  • 廃棄物が特殊なのでリサイクルできるかわからない

リサイクル(環境負荷低減)の問題点

成分やコスト、人材育成など、廃棄物をリサイクルする際に起きる問題点をご紹介します。

CASE01

処理に比べコストがかかる

埋め立てや焼却と比べ、廃棄物リサイクルは処理工程も多く、対応可能な施設も少ないため、費用が高くなります。

CASE02

廃棄物をリサイクルできる
処理業者が少ない

廃棄物からリサイクル可能なものを抽出して製品化できる業者が少ないため、多くの業者は焼却や埋め立てで廃棄物を処理している。

CASE03

分別作業が必要なため、
手間がかかる

廃棄物の中からリサイクル可能な有価物が含まれているものと、それ以外を分別する作業が必要になり、人的コストや担当者への負担が大きくなる。

丸商が確実に成果を出す
ご提案をいたします。

01リサイクル方法のご提案

丸商のリサーチ力で、クライアントのニーズと課題にお応えします。
有害物質が含まれる廃棄物や、これまで前例がない廃棄物もリサイクル方法を検討し、環境保全につながるリサイクル方法をご提案します。

02リサイクルマッチングサービス

丸商は日本全国の処理業者について熟知しているため、廃棄物の種類に関わらずリサイクル方法を探し出し、ご提案します。
お客様とのヒアリングを経て、ニーズや課題を洗い出し、委託先業者の選定の他、価格交渉や現地での収集運搬・処理方法の確認を行ったうえで、最適な処理方法をご提案します。

CASE STUDY

事例紹介

丸商がご提案させていただいた環境負荷低減の事例をご紹介します。

CASE01

真空管の廃棄処理

業種
研究機関
品目
金属くず

【課題】研究で使用したセラミックで覆われた真空管を廃棄したいが、処理できる業者が見つからない。

【改善】丸商の全国的なネットワークを通じて処理できる業者を選定し、最終リサイクルできる提案を行った。

CASE02

埋め立てからリサイクル処理への転換

業種
タイヤ製造業
品目
廃プラスチック類

【課題】環境負担低減を重視して、埋め立てからリサイクルに処理方法を変えたい。しかし、特殊な廃棄物のため、リサイクルできる業者が見つからない。

【改善】丸商独自のルートを用いて、処理難物でもリサイクルできるご提案を行った。
年間70tを全量リサイクルすることができた。

FLOW

コンサルティングの流れ

お客様にとって最適な廃棄物の環境負荷低減についてご提案します。

1

ヒアリング

電話・メール等で事前に廃棄物情報をお伺いし、現地へ詳細確認にご訪問します。

2

企画・提案

お客様の要望に沿った内容で解決策を検討。
お見積りが出来次第、ご提案・ご説明にお伺いします。

3

実行

ご提案に問題がなければ、ご契約書を作成いたします。

4

検証

契約締結後に廃棄物の搬出日をお伺いし、スケジュールを組み、当日搬出・処理します。

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP