動植物性残渣とは?処理方法や再生利用補法と費用相場

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

動植物性残渣

動植物性残渣とは?処理方法や再生利用補法と費用相場

動植物性残渣は、業種によって産業廃棄物と一般廃棄物に分けられ、処分までの扱う方法が異になるため、注意する必要があります。今週のコラムでは動植物性の残さに対して詳しく説明いたします!

動植物性残渣とは

動植物性残渣は、産業廃棄物の一つとして、特定の業種で原材料として使用される動物性と植物性の固形状の廃棄物を言います。

動植物性残渣産業廃棄物として扱う業種

産業廃棄物は事業活動に伴う発生する廃棄物を産業廃棄物と定義しますが、動植物性残渣は特定の業種、例えば食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業などがあり、レストランなど飲食店で廃棄物は出ますが、一般廃棄物として分けられますので注意が必要です。

また動植物に注意することは、固形状の廃棄物のみに動植物性廃棄物として分けられることです。例えば、廃油とか廃酸、廃アルカリな液体や泥状は別の産業廃棄物として分けられますので、注意が必要です。

動植物性残渣の例

動物性残渣

動物性残渣は、動物の肉、魚の内臓や骨、卵から、貝殻などがあります。

植物性残渣

植物性残渣は、野菜くず、大豆かす、酒かす、コーヒーかす、ビールかすなどがあります。

動植物性残渣のリサイクル方法

動植物性残渣は、排出量の7割ほどリサイクルされる、取り扱いやすい廃棄物だとみられます。以下に、廃棄物性残渣をリサイクル方法を紹介いたします。

①メタン発酵

メタン発酵は、動植物性残渣を微生物に分解させ、バイオガスを発生させるリサイクル方法です。この方法で発生するガスは主にメタンで、発熱量が高く、発電設備に燃料として活用される場合が多いです。

②飼料化

飼料化とは、動植物性残渣を加工し、家畜などの餌に作り出すリサイクル方法でございます。飼料化は産業廃棄物の排出量を減らすことだけではなく、家畜の飼料の費用も減らしてくれる、非常に有益なリサイクル方法です。ただ、飼料として加工する産業廃棄物の品質のレベルを維持する必要があります。

③肥料化

肥料化とは、動植物性残渣を微生物に分解・発酵させ、農地の土を活性化させる肥料を作るリサイクル方法です。肥料化は他のリサイクル方法と比べると簡単で、農地とかに活用性が高いリサイクル方法です。

動植物性残渣処理方法

リサイクルができない動植物残さは、以下の方法の通りに処理することになります。

①焼却処理

焼却処理は、その名の通り、動植物残渣を焼却して処理する方法です。処理を委託する時には、処分場がちゃんと動植物残さの処理を対応するのか、確認する必要があります。

②埋め立て処理

動植物性残渣を埋立処理をする時、管理型の最後処理場を利用することが必要です。埋立処理で土壌や地下水が影響を与えないよう対策がある最後処分場に依頼する必要があります。間違えて依頼しないように注意しましょう。

動植物性残渣処理費用相場

動植物性残渣処理の費用は、おおよそ20円~50円/kgで処理されることが多いです。

性状や量などによって費用は変動します。委託する処理業者に、自社の廃棄物の情報をより詳しく伝えることが大切です。

まとめ

動植物性残渣は業種によって、一般廃棄物と産業廃棄物になることを注意する必要があります。リサイクル処理も、廃棄物としての処理も注意することを確認しながら処理の方法を決めるのが大事です。

動植物性残渣の処理について悩んでませんか?動植物性残渣の処理は問題なく処分できる丸商に気軽くお問い合わせてください!

丸商のサービスの詳しい内容はこちら!

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP