木くずとは?産業廃棄物としての処分方法と費用相場を徹底解説

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

提供サービス

木くずとは?産業廃棄物としての処分方法と費用相場を徹底解説

産業廃棄物の中に「木くず」と呼ばれる品目があります。法律に従って適切に処理を行わなければなりません。「知らなかった!」では済まされない厳しい罰則を科せられてしまうこともあります。今回は木くずの処理について解説していきます。

木くずとは

主に木材で構成されている廃棄物のことを言います。例えば、建築によって発生する木片や家具などを製造する際の木片などです。

木くずの種類

種類①:産業廃棄物

事業活動によって発生した廃棄物は産業廃棄物に該当します。木材製造や建設・工事などで発生した木くず、物流で使用した木製パレット等は産業廃棄物として廃棄しなければなりません。

種類②:一般廃棄物

一般家庭から廃棄されるものや事業系廃棄物と呼ばれる木くずは、一般廃棄物に分類されます。市町村で定められた廃棄方法に沿って適切に処理する必要があります。例えば、家具や剪定、流木などです。

但し、造園業者から庭の手入れなどで発生した剪定枝は一般廃棄物、造園工事によって発生した剪定枝は建設工事による廃棄物となるため産業廃棄物となります。

種類③:PCBを含む物

PCBの付着した木材は産業廃棄物として処理する必要があります。PCBは大変危険物なため、他の廃棄物とは別に分ける必要があります。
PCBとは|環境省

木くず処分方法

方法①:リサイクル

木製チップ:木くずを細かく砕いてチップ化したもので、建材や紙の原料等に再利用されます。

燃料化:特に燃えやすい木材は、RPF燃料やボイラー施設のバイオマス燃料として再利用されます。

堆肥化:有機物と混ぜて発酵させ、堆肥として再利用されます。

方法②:処分

焼却:再利用が不可能なものは焼却して、そのまま最終処分されます。焼却時の熱をエネルギーとして利用する施設もあります。

埋め立て:埋め立てた廃棄物から有害物質が流出しないよう、管理型最終処分場で処分されます。

木くず処分用相場

汚れ具合や付着したプラスチックや金属部品、石膏ボード等にもよって大きく異なりますが、おおよそ40~70円/kgが相場になっています。

処理を委託する際には、廃棄する木くずの状態をよく確認して、内容を業者へ詳しく伝えましょう。

まとめ

木くずとは、木材で構成された廃棄物を指します。

一般廃棄物と産業廃棄物に分かれるため、廃棄する際にはどちらに該当するのかをよく確認して各ルールに沿った処理を行う必要があります。

処理方法は、燃料化などの再利用する方法と、再利用が不可能なものは焼却や埋立て処理が行われます。

おおよその相場は40~70円/kg程度ですが、廃棄する物の状態によってはこの範囲ではありません。しっかりと廃棄物の状態を確認して、見積り依頼をしなければなりません。

当社では、木くず処理の実績も多くあり、混合された廃棄物のご相談も多くいただきます。「コストダウンができるのか」「環境に良い処理方法を検討したい」など少しでも疑問があればお気軽にご相談ください。

廃棄物のコストダウン成功事例をご覧になりたい方はこちらから資料を無料ダウンロードいただけます。
産業廃棄物処理のコストダウン成功事例集|丸商

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP