お問い合わせ 059-358-7800

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

廃油

ハロゲン系有機廃液とはどんな廃棄物?

ハロゲン系の有機廃液とはどういった廃液なのでしょうか。

このコラムではハロゲン系有機廃液の種類から処分方法まで解説いたします。

ハロゲン系有機廃液とは?

ハロゲン系の有機液体とは、ハロゲン族の元素が含まれている液体です。

ハロゲン族元素の種類はフッ素 (F)、塩素 (Cl)、臭素 (Br)、ヨウ素 (I) 等があります。

フッ素 (F)、塩素 (Cl)、臭素 (Br)、ヨウ素 (I)等は毒性がある為、毒物、化学溶媒、強酸等の製造に利用されています。

ハロゲン系有機廃液の種類

ハロゲン系の有機廃液として分類される下表に示す合計17物質です。

ジクロロメタンクロロホルム四塩化炭素ジクロロジフルオロメタン
トリクロロフルオロメタンジクロロエタントリクロロエタントリクロロトリフルオロエタン
トリクロロエチレンテトラクロロエチレンクロロベンゼンジクロロベンゼン
モノクロロフェノールジクロロフェノール1,2-ジクロロエチレン1,3-ジクロロプロペン
1,1,2-トリクロロ-1,2,2-トリフルオロエタン

廃棄物としてのハロゲン系の有機廃液

ハロゲン族の元素は有毒性・刺激性・引火性等の危険な性質を持っています。

ハロゲンのフッ素、塩素等は特に毒性が強い為、上記の物質は「特定有害産業廃棄物」として分類されている状況です。

特定有害産業廃棄物になる条件としては、ハロゲン系有機液体の成分が5%以上含有される場合、「ハロゲン系有機廃液」として取扱いします。

またハロゲン系有機液体の濃度が10%が超える場合、「高ハロゲン系有機廃液」の分類になります。

5%以下の場合は「一般有機廃液」として処理・処分可能です。

処分方法は?

まず、沈殿物と液体を分離する必要があります。

分類された沈殿物は熱分解処理をして燃え殻として処分します。

液体の場合もまず熱分解処理をして、気体の中にあるフッ素やダイオキシンの成分の分離します。

分離された綺麗な気体は開放、フッ素やダイオキシン等の危険な成分はスラッジ化して処分します。

冷却又は洗浄処理が行われた場合、液体はまたフッ素、ダイオキシンを分離し、フェライト化処理で綺麗にした液体を放流する状況です。

まとめ

ハロゲン系の液体は毒性や危険性が高いため、廃棄する時も規定通りの処分が必要です。

種類が多くあり、分類としての判断が難しい時はまず成分検査をしましょう。

塩素(Cl)の成分やフッ素(F)の成分含有量が高い時は「ハロゲン系有機廃液」又は「高ハロゲン系有機廃液」に分類して廃棄する必要があります。

ハロゲン系有機廃液の処分について悩んでませんか?ハロゲン系有機廃液の処分は問題なく処分できる丸商に気軽くお問い合わせてください!

丸商のサービスの詳しい内容はこちら!

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP