お問い合わせ 059-358-7800

8:30~17:30 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

丸商の産廃コラム

石綿(アスベスト)

アスベスト含有機器の廃棄はどうする?

建築材料に含まれていることで知られているアスベストは、身近にある家電製品などにも含まれています。

現在では製造も使用も禁止されていますが、今でも存在しているアスベスト含有機器はどのように廃棄したらよいのでしょうか?

こちらのコラムでは、アスベスト含有機器の廃棄ついて解説いたします。

アスベストとは?

アスベストとは天然にできる繊維状けい酸塩鉱物です。

熱、酸、アルカリなどに強く、建築資材や自動車部品など幅広く使用されていました。

防音材、断熱材、保温材、スレート材、ブレーキパッドなどにも使われてきましたが、繊維が細かく飛散しやすいので、吹付などの作業中に吸引してしまうと人体に影響があります。

肺がん、肺線維症、悪性中皮腫などを引き起こす可能性があり非常に危険ですし、環境汚染にもつながりますので、現在は製造、使用ともに禁止されています。

こちらの記事も参考にご覧ください。

アスベスト含有機器とは?

アスベストは製造も使用も禁止されていますが、アスベストが含まれた部品が組み込まれたままの製品はまだ存在しています。

アスベスト含有機器とは、アスベストそのものや建築資材などに使用されているものとは別に、エアコン、洗濯機、掃除機などの電化製品や、ボイラー、給湯器機、ファンヒーターなどのガス機器などがあります。

製造・使用が禁止になる以前に製造された製品には、アスベストが含まれている部品が使われているものがあります。

廃棄物処理の方法は?

廃棄処分する際、誤ってアスベスト含有機器を通常の産業廃棄物として処理したり解体をしてしまうと、アスベストが飛散するなどして危険です。

収集運搬の際には専用シートでしっかり梱包するなどして、飛散を防ぐ必要があります。

廃棄物の種類としては、「廃石綿」と「石綿含有廃棄物」に分かれます。

処理方法は、中間処理で溶解、無害化し、安定型最終処分場か管理型最終処分場で埋め立て処分するか、中間処理をせずに飛散防止対策を行なってから安定型最終処分場で埋め立て処分します。

アスベストは有害なものですが、そのもの自体の存在が問題と言うより、飛散したり吸い込むことが問題なので、廃棄の際は飛散を防止することがより重要になります。

アスベストの取り扱いは、労働安全衛生法や大気汚染防止法など、事業者が把握しておくべき法律があります。

廃棄の際にも厳しい規制がありますので、お困りの際は知識と経験のある弊社へご相談ください。

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:30~17:30(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP