廃食用油(廃食油)のリサイクル方法は?

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

COLUMN

廃食用油(廃食油)のリサイクル方法は?

廃食用油は産業で出ている量が増えているため、排出する産業からリサイクルの要望の声が多くなっています。廃食用油はリサイクルの価値も高いので、世界的に廃食用油の回収率を上昇させる計画を行なっています。実際にどういう方法でリサイクルしているのでしょうか。詳しく解説していきます。

廃食用油とは

廃食用油は植物性廃油の項目に該当する品目です。植物性廃油に分類されてるのは食用油以外にもひまし油、大豆油等があります。

廃食用油の現状は

廃植物油の排出量としては、全国で約40万トンから50万トンの量が排出されています。その量の半分以上、特に工場から排出される廃食用油は大半がリサイクルのために回収されています。

又一般家庭、飲食店から排出される廃食用油の回収率は低いです。廃食用油をリサイクルせずに焼却する方法など他の方法で廃棄することになると排出された食用油の量の倍以上の水が必要になるのでもっと資源を浪費することになります。この理由で回収率をもっと高めていく必要があります。

リサイクル方法&その効果は

回収された廃食用油は精製して触媒などを混じって、バイオディーゼル(BDF)を製造して燃料としてまたリサイクルします。

単純に廃棄する予定の廃食用油をまたリサイクルすることだけでも経済的のメリットはあります。リサイクルすると経済的な効果だけではなくリサイクルしたバイオディーゼルを使用すると、排出される排気ガス量が普通の燃料より3分の1まで減少できます。バイオディーゼルの燃料を使用するために別の装置が必要になることもなく、そのまま利用可能になるので導入費用も発生しません。

世界中の廃食用油リサイクル市場の状況は

廃食用油のリサイクル市場の重要度は世界中でも高くなっています。韓国は回収業者が1L当たりに100円で買い取って回収するぐらい食用油の重要がさらに高くなっています。韓国の国内で良い品質の廃食用油の量が足りなくなり、海外から輸入する施策も推進している状況です。

韓国だけではありません。中国やアメリカもバイオディーゼルの経済的・環境的なメリットを確認して、全国で回収率を高めていくことを集中する施策を推進しています。

まとめ

廃食用油は排出量も多い現状と伴い、リサイクルの重要度も高まっています。バイオディーゼルは環境的に排気ガスの排出量が一般燃料と比べると少ないので会社・機関での需要も増加しています。その反面回収率がまだ高くないので、全体的の使用分野で回収率を高めていく必要があります。

廃食用油のリサイクルについて悩んでませんか?廃食用油ののリサイクルは問題なくリサイクルできる丸商に気軽くお問い合わせてください!

丸商のサービスの詳しい内容はこちら!

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP