お問い合わせ 059-358-7800

8:30~17:30 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

丸商の産廃コラム

COLUMN

混合廃棄物とは?

産業廃棄物はその種類によって処理の方法が異なります。

そのため、廃棄物処理の際は分別をすることが重要ですが、分別されず複数の廃棄物が混ざっている場合はどのように処理するのでしょうか?

こちらのコラムでは、混合廃棄物について解説いたします。

混合廃棄物とは?

混合廃棄物とは、事業活動で排出された産業廃棄物で、複数の産業廃棄物が混合された廃棄物のことです。

産業廃棄物には20種類の廃棄物分類がありますので、原則として種類ごとに分別して業者に処理を委託するのですが、その分別が困難なもののことを指します。

ただ、明確な定義がないため判別が難しい場合があります。

例えば、オフィスにあるコピー機などは、金属・プラスチック・ガラスなどの素材で構成されており、それぞれに廃棄物分類が異なります。

そのため、混合廃棄物として処理をすることになります。

注意点や問題点は?

混合廃棄物は単品廃棄物とは分けて処理を委託しなければなりません。

そうとは知らずに通常の産業廃棄物と同様に処理をしてしまうと、トラブルになったり場合によっては罰則が課される可能性もあります。

業者に処理を委託する際は、委託先が排出する混合廃棄物に含まれる全ての廃棄物処理許可を持っているか確認する必要があります。

構成している廃棄物の中の一つでも処分許可を持っていないと、処理はできません。

委託する際の処理費用は各社異なりますが、廃棄物の種類、リサイクル可能か、分別が困難かどうかによって金額が高くなることがあるので注意が必要です。

廃棄物処理の方法は?

混合廃棄物の種類は3つあり、最終処分の方法で分類が決まります。

・安定型混合廃棄物/環境に影響がなく、埋め立て処分できるもの。

・管理型混合廃棄物/埋め立てでは土壌汚染の可能性があり、管理型最終処分場で処理するもの。

・建設混合廃棄物/建設工事で発生し様々な素材が混在したもの。

一般廃棄物と産業廃棄物の両方を含むため、安定型混合廃棄物と管理型混合廃棄物の分別が困難なもの。

事業者側からは、混合廃棄物の種類を判別することは難しいので、専門の業者と打ち合わせをして委託先を選択しましょう。

混合廃棄物は、事業者が分別することで処理費用を抑えることも可能です。

また、環境保全のためリサイクルをするにもまずは分別が必要です。

環境負荷低減とコスト削減につながるご提案をしたしますのでぜひご相談ください。

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:30~17:30(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP