お問い合わせ 059-358-7800

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

ワールドシリーズ

「ワールドシリーズ」タイの廃棄物処分の現状(タイ編_①)

皆さん!廃棄物の問題に困ってない日常を良く過ごしていますか?丸商の新しいコラムシリーズを始めます!このコラムのシリーズは世界の国の中で廃棄物・環境の問題と解決方法を見て、私たちが注意することや学ぶことは何か一緒に確認しましょう!

タイは

タイは東南アジアの中で本当に大きな領土を持っている仏教の国です。開発途上国であり、観光・旅行から稼ぐお金より自動車製造・輸出、飲食品輸出、電子製品、医療関係事業がGDPの大きな割り当てる国です。有名な観光地が沢山あることと逆に、本当にゴミが多く見える印象を与えられた国です。

廃棄物の管理

有名な観光地、パッタヤーの埋立場

タイはゴミの管理をどんな方法で行なっているでしょうか。特に産業廃棄物はちゃんと管理されているのでしょうか。

今のタイは、一般家庭ゴミ、飲食店ゴミなどを不法投棄することが多いです。出た廃棄物をそのまま黒いゴミ袋に全部入れて、道や川に不法投棄することが多いです。廃棄物回収のためのゴミ箱もほとんど見当たりません。

不法投棄することも問題ですが、大きな問題は分別ができていない状況です。プラスチック、紙、木材等、全てまとめて黒いゴミ袋に入れて捨てています。こんな状況にまでなるのは、管理の不足が一つの理由として問題になっています。

解決現状は

家の裏に捨てられている廃棄物/タイ、バンコク

タイはこの問題を解決できず、何十年も過ぎています。新しい政策、新しい戦略で廃棄物の問題を解決しようとしているのですが、現状はそのまま停滞中です。 未来の環境の守ることができず、そのまま成長することを心配する国民も多くいますが、根本的に廃棄物問題について関心度は低いです。

私たちが注意することは

日本はご存知の通り、不法投棄は法律で厳しく禁止されています。それだけではなく、皆様の環境に対して関心も高く、みんなが不法投棄を警戒し監視する雰囲気になっています。

一般の廃棄物だけではなく、産業廃棄物も罰則があります。不法投棄した場合、5年以下の懲役または1千万円以下の罰金(法人においては3億円以下の罰金)若しくはその両方が科せられます。

まとめ

不法投棄が多いタイも変化するために改善に向けて取り組んでいます。長い時間が必要になると思いますが、綺麗な環境を未来の子供たちに残していく考えは日本と同じだと思います。その目標を達成するためには不法投棄なくし、適切に処理することが重要です。

産業廃棄物の処理について悩んでませんか?産業廃棄物の処理は問題なく処分できる丸商に気軽くお問い合わせてください!

丸商のサービスの詳しい内容はこちら!

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP