X線装置の解体処分

コラム

COLUMN

X線装置の解体処分

ヤマモリ株式会社 松阪工場様にて、X線装置の解体処分を行いました。

課題と結果

X線装置の廃棄処分について、処分先のご提案と、当社にて解体・運搬を行いました。

丸商が関わる前の課題

メーカーでは廃棄処分での引取りができないため、既存の業者へお声かけをかけるも処理不可や高額処理費のためお困りでした。

丸商が関わってどうなったか

当社が受け入れ先の調査・処理場と協議・交渉を行い、処理ルートを確立しました。また、有害物質を取り除くにあたり丸商での解体作業を含めてご提案を行いご依頼いただきました。解体作業を実施し、有害物質とそれ以外のものに分別して処理を行いました。

これまでの経緯

インターネットで処理できる業者を模索中されている最中に、当社のホームページからお問合せをいただきました。頂戴した情報を元に、メーカーから構造や重量・寸法などの調査を行い、全国的に処理可能な協力業者を調査。最もコストの抑えられる適切処理先を選定し、ご提案の末、ご依頼をいただきました。

丸商の解決策

装置内部の有害物質を取り除く作業を含めたご提案をいたしました。 当社の作業員が現場へ赴き装置解体を行い、取り除いた有害物質とそれ以外の廃棄物の分別して処理を行いました。 有害物質を取り除いた装置はそのまま当社トラックへ積込処理場まで運搬。 有害物質部分のみ一時保管いただき、後日当社協力業者にて運搬を実施しました。 無事、積込完了いたしました!

事例で紹介させていただいたサービス

廃棄物の適正処理

アスベスト・蛍光灯・RCF・ベリリウム・乾電池など有害物質が含まれる廃棄物の適正処理をご提案します。

収集運搬業

アスベスト・蛍光灯・RCF・ベリリウム・乾電池など有害物質が含まれる廃棄物の適正処理をご提案します。

コスト削減

アスベスト・蛍光灯・RCF・ベリリウム・乾電池など有害物質が含まれる廃棄物の適正処理をご提案します。

環境負荷低減

アスベスト・蛍光灯・RCF・ベリリウム・乾電池など有害物質が含まれる廃棄物の適正処理をご提案します。

対象の取り扱い品目

  • 金属くず
コンサルティング事例一覧に戻る

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP