お問い合わせ 059-358-7800

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

産廃コラム

対応品目

廃プラスチックとは?種類や処分方法を徹底解説

産業廃棄物の1つとして「廃プラスチック類」と呼ばれる廃棄物があります。排出された廃プラスチック類は、さまざまな環境問題でも度々取り上げられており、排出事業者においては適切に処理しなければなりません。

今回はそんな廃プラスチック類の処理に関することを解説していきます。

廃プラスチックとは

その名の通り、プラスチックが使用されている廃棄物のことです。

例えば、容器や衣類、廃タイヤ、工業製品など幅広い物に使われています。

廃プラスチックの種類

法律で具体的には、「合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む。)など、固形状・液状の全ての合成高分子系化合物」とされています。

廃プラスチックの原料は原油から作られており、

例えばポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩化ビニル樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、などに分けられます。

> 廃プラスチックに該当する廃棄物一覧はコチラをご覧ください

廃プラスチックの処分方法

処分方法は、焼却、埋立てといった方法の他にリサイクル方法も確立されてきています。

リサイクルの方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

1. サーマルリサイクル
2. マテリアルリサイクル
3. ケミカルリサイクル

サーマルリサイクルとは、廃プラスチックを燃やした時の熱をエネルギーとして利用したリサイクル方法です。発電や暖房設備などが主な方法です。

マテリアルリサイクルとは、他の原料として再利用する方法で、例えば回収した廃プラスチックを溶かし、再びペレット等へ固形化して別製品の原料として再利用することです。

ケミカルリサイクルとは、化学的な処理を経て原料として再利用する方法です。例えば、原油で作られたプラスチックを油化・ガス化といった形で再利用する方法が挙げられます。

廃プラスチックの処分に掛かる費用相場

処理方法や軟質/硬質プラ、廃棄物の種類、業者によって価格はまちまちですが、おおよそ30~110円/kgほどです。

相見積もりをとって価格の比較やそもそもの許可証を取得しているか・期限切れになっていないかなど、委託する際は内容を把握して検討しましょう。

他の廃棄物と混ざった混合廃棄物として廃棄される場合は、保険をかけられた価格で提示されがちです。しっかり分別して廃棄する方が、処理費を抑えることができます。

また、分別された物によっては有価物として引取りができる業者も存在します。

> 廃棄物の有価物化のメリットはコチラをご覧ください

まとめ

廃プラスチックは、産業廃棄物として処分するに焼却、埋立て以外にも3つのリサイクル方法があり、原料や燃料といった形で再利用することができます。

プラスチックが使用された廃棄物は幅広く使用されており、種類も多く存在します。処理方法や廃物の種類などにもよりますが、処理費用はおおよそ30~110円/㎏です。

処理費用を減らすためには、廃棄物ごとに分別して処理に出した方が費用を抑えることができます。

「適切な価格がわからない」「リサイクルできる処理がしたい」「今よりコストは下げられるのか?」など様々な課題に丸商ではご提案を行っております。

少しでも疑問に思ったことがあれば、丸商へお気軽にご相談ください。

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP