産業廃棄物のゴムくずとは?種類や処理方法を徹底解説

コラム

COLUMN

産業廃棄物のゴムくずとは?種類や処理方法を徹底解説

産業廃棄物として排出されるゴムくずは、法律に従って適切に処理する必要があります。種類や処理方法、リサイクル方法はさまざまで処理委託をする際はしっかりと内容を確認して委託しなければいけません。

今回はそんなゴムくずについて、種類や処理方法を解説していきます。

ゴムくずとは

産業廃棄物において、事業活動に伴って発生した天然ゴムの原料で構成された廃棄物のことです。「ゴムくず」というと廃タイヤ等をイメージしがちですが、これらは人工的に合成された合成高分子化合物を含むため、廃プラスチック類として扱われます。

ゴムくずの例

天然ゴムを原料として例として、

裁断くず、ゴム引布、切断くず、エボナイトくず等があります。

ゴムくずの処理方法

多くはそのままの状態、または選別・破砕を行った後に焼却・溶融処理を得て、最終処分場にて埋立てされます。

ゴムくずのリサイクル方法

焼却された焼却灰を、路盤材やセメントの原料としてリサイクルする方法。

粉砕したものをゴムチップとして燃料化、発電などのエネルギーとしてリサイクル方法等があります。

ゴムくずの処理に掛かる費用相場

種類や処理方法にもよりますが、おおよそ30~60円/kgが多いようです。

ゴムくずの処理費用を少しでも抑えたいという方は弊社がサポートいたします。
> 廃棄物のコスト削減について

まとめ

ゴムくずとは、天然ゴムを原料とした廃棄物のことで、合成ゴムを使用した廃タイヤ等は廃プラスチック類として扱われます。

天然ゴムを使用した廃棄物には、裁断くず、ゴム引布、エボナイトくず等があります。

処理方法は焼却・溶融を経た最終埋立て処分と、原料や燃料に代えたリサイクル方法があります。

処理費は平均的に30~60円/kgあたりで推移しています。

当社では、ゴムくず以外も全ての廃棄物についてご提案を行っております。

都道府県問わず全国対応しておりますので、処理費や処理方法など疑問に感じたことがありましたら、是非お気軽にお問合せください。

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:00~17:00(日祝・年末年始は休み)

TOP