お問い合わせ 059-358-7800

8:30~17:30 (日・祝・年末年始休業)

全国どこでもどんな廃棄物にも対応!
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
※法人のお客様のみ受付

お問い合わせ 059-358-7800

※法人のお客様のみ受付

8:00~17:00 (日・祝・年末年始休業)

丸商の産廃コラム

COLUMN

コンクリートくずのリサイクルはどうするの?

土木・建設・建築などで多く使用されているコンクリート類は、その製造過程においても廃棄物が発生します。

廃棄されるコンクリートくずはどのように処理、リサイクルされるのでしょうか?

こちらのコラムでは、コンクリートくずのリサイクルについて解説いたします。

コンクリートくずとは?

コンクリートくずとは、コンクリート製品を製造する過程で生じる廃棄物で、コンクリートのかけらや不良品などのことです。

産業廃棄物の廃棄物分類では「ガラスくず、コンクリートくず、及び陶磁器くず」に分類されます。

建設または解体工事以外で発生したコンクリートのくずのことで、コンクリートブロックくず、石膏ボードくず、セメントくず、モルタルくずなどがあります。

がれき類とは違うの?

コンクリートくずと間違いやすいのが「がれき類」です。がれき類の一種に「コンクリートガラ」があり、名前が似ているので混同しがちですが、別のものとして明確に分類されています。

がれき類とは、「工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物」とされています。

その中でもコンクリートガラは、建設現場や解体現場で排出されるコンクリートのがれきのことです。

コンクリートくずは生産過程で生じたものなので、がれき類とは廃棄物分類が異なりますから注意が必要ですね。

こちらの記事も参考にご覧ください。

リサイクルの方法は?

コンクリートくずを含む「ガラスくず、コンクリートくず、及び陶磁器くず」は、比較的リサイクル率が高い産業廃棄物です。

コンクリートくずは以前は埋め立て処分されることがほとんどでしたが、現在ではリサイクルされることが多くなりました。

回収されたコンクリートくずは、中間処理で破砕され、混合物を除去してから再利用されます。

再生が難しいものは安定型処分場で埋め立て処分されます。

主なリサイクル方法としては、再生砕石という方法で、粉砕されたものを露盤材などに再利用します。

他にも、セメント原料や新たなコンクリート製品として再利用されていますし、石膏ボードは、セメント原料、土壌改良剤、新たな石膏ボードの原料として生まれ変わります。

産業廃棄物の分類は、その物質の名前だけでは判断が難しいものがあり、どこで発生したかによって全く違う分類になることもあります。

適切に分別して処理すればリサイクル率を上げることができますのでぜひご相談ください。

 

 

CONTACT

全国対応お問い合わせ

産業廃棄物処理に関するお問い合わせやお見積り依頼はお気軽にどうぞ。

059-358-7800

8:30~17:30(日祝・年末年始は休み)

※法人のお客様のみ受付

TOP